中折れ帽子とは

中折れ帽子とは

中折れハット、英語名はfelt hatということが多いのですが、頭頂部の部分が凹んでいるので、そのことから中折れという表現をされるようになったと言われいます。また、イタリア人のマストアイテムとしても知られています。ハットにも色々な種類がありますが、中折れ帽=JAZZシンガーのフランク・シナトラという人もいると思いますが、ステージの演出のためにミュージシャンが被っているのもよく目にします。ボルテージが最高潮になった時に、中折れ帽を投げるようなシーンは誰しもが見たことがあるはず。そんなミュージシャンに欠かせない帽子ですが、どんな格好でも帽子をあわせることで、一気にクールになります。

 

ストローハットとは

また、ストローハットと聞いて真っ先に麦わら帽子を思い浮かべたあなたはかなりのファッション通のはず。最近人気の漫画のキャラクターが被っていることでも知られる、ストローハットですが実は普段のスタイルに取り込むことでかなりかっこ良くスタイリングすることができます。ストローハットの良さは、飾りで自分らしさをアピールすることができる自由度にあるのですが、特に女性のストローハットスタイルはキュンとくる男性も多いのではないでしょうか?海辺で女性とデートしながら、ジュースを飲んだり、パラソルの下で談笑するそんなイメージにピッタリです。
天然素材でできていることが多いストローハットは、やはり高いものはそれなりの金額がするのですが、気分によって使い分けるためにもリーズナブルな帽子を手に入れたいものです。

 

イメージを象徴する帽子

帽子には色々な種類があります。限られた職業や学生の人が被る帽子としては、通学帽、水平帽、船員帽、コック帽子、ナースキャップなどがあります。よく看護学生の卒業式では、ナースキャップを校長先生が被せて卒業を祝うというのがありますが、帽子というのは一種の職業を象徴する力があるのかもしれません。漫画家の人がよく被るイメージのベレー帽などは、漫画家志望や絵描きさんなどが被っているイメージもあると思います。帽子というのは、その人に対するイメージや目的意識を明確にするため、自分自身を奮い立たせる意味もあるのではないでしょうか。

北斎グラフィック

「雨の日も、晴れの日も粋に品よく、恰好よく」そんな傘を創りたい。これが私たち北斎グラフィックの原点です。 いつの時代でも新鮮で、今も世界中を魅了し続ける北斎の浮世絵。北斎グラフィックはそんな偉大の先人「北斎」の如く、オリジナルのグラフィックデザインをまとい、いつの時代でも新鮮で世界を魅了する傘を創り、販売しています。

ブランドページへ

日本随一の和傘和柄傘専門店

日本随一の和傘和柄傘専門店

傘専門店、北斎グラフィックが提案する新しい傘のスタイルは、軽量で機能的な新しい傘の性能と、伝統的な日本の和傘を継承した形状です。

晴雨兼用機能的な耐風傘

晴雨兼用機能的な耐風傘

北斎グラフィックの傘はUVカットコーティングが施され、急な雨でもそのままご使用になれる晴雨兼用。更に強風にも強い丈夫な仕様です。

全てオリジナルデザイン

全てオリジナルデザイン

企画・デザインを自社で行うことで、他にはないデザインを作り上げます。和柄や花柄などを和モダンに表現します。

新作商品/再入荷商品

View all
アクリルチャームアクリルチャーム
アクリルチャーム
+8
+7
+6
+5
+4
+3
+2
+1
販売価格$4.68